Google


エコでいいと思う牛乳パックのリサイクル

あらゆる場面で定着し始めたエコ活動
今まであまり、リサイクルとかに興味はなかったのですが、子供が幼稚園に入り、幼稚園で牛乳パックを集めるというので、牛乳パックは残すようになりました。飲み終わった牛乳のパックを洗い、はさみでパックを開いて、干して乾かしてから保管します。牛乳は毎日飲むので、牛乳パックも自然と集まります。それを月一回の収集日に、幼稚園に持って行きます。幼稚園では役員の人達が集計して、業者に持っていってもらいます。業者ではそれをトイレットペーパーにしてくれるのだそうです。そのまま捨てるだけの牛乳パックが、幼稚園で使えるトイレットペーパーになるのだから、エコでいいことだと思いました。

牛乳パックでこんなリサイクルができると分かり、リサイクルに興味が出てきました。とりあえず、魚や肉などのトレーを洗って保管し、スーパーなどで収集してくれるので、買い物ついでに持っていくようになりました。その後どんなリサイクルがされているのか知りませんが、ゴミとして捨てていたものが、他の何かにリサイクルされるなら、いいことだなと思っています。ただ、こうやっていろいろなものを保管すると、場所をとるのが困ります。牛乳パックも洗って干しておくのも場所を取るし、その後保管しておく場所もいります。牛乳パックはそれ程かさばらないのでまだいいのですが、肉などのトレーは形もさまざまで、かさばって場所を取るので困ります。保管場所を工夫する必要があり、片付け上手でない私には、少し困った問題でもあります。