Google


エコの代表的なものはリサイクルである。

あらゆる場面で定着し始めたエコ活動
現代社会では、エコをしようというコピーをよく見かけますね。エコとはどのような意味なのでしょうか。エコは、エコノミーとエコロジーの両方の意味を含んでいます。つまり、環境や生態系に優しい地球を作っていこうというニュアンスです。地球温暖化やゴミの置き場が減ってきているという問題がいまの地球にはありますので、これらの問題を少なくしていくことがエコ活動になります。それでは、身近でわたしたちでもすることができるエコ活動とはどのようなことなのでしょうか。その代表的なものがリサイクル活動です。リサイクルという言葉に気をつけていれば一日に何度も目に入ってくるはずです。きっと学生ならば学校などでリサイクルについての勉強をしたことがあるひとも多いはずです。ちなみに僕が小学生のころは友達同士でリサイクルすることがとても流行っていました。あのころはリサイクルをしているんだという意識だけでとても楽しかったことを覚えています。

きっとその感情を忘れてはいけないんだと思います。みんな大人になるにつれてエコやリサイクルというワードが日常化しすぎてしまい意識的に気にすることが少なくっているはずです。それでは、明るい地球を作っていくことは難しいと思います。せっかく小さいころに地球を大切にすべきだということを教えてもらったのですから、それを活かさない手はありません。僕たちにはできることがまだまだあるはずです。この文書を目にしてくださった方には、もう一度改めて地球のことを意識していってほしいと思います。