Google


エコの観点からリサイクルは非常に大切です。

あらゆる場面で定着し始めたエコ活動
リサイクルのマークが表すようにリサイクルとは製品を再循環させることです。3Rと呼ばれるリデュース、リユース、リサイクルの三つは、減量することのリデュース、再利用をするためのリユース、再循環を行うリサイクルの三つからなり、地球環境を守るための3Rとして提唱されています。ただしリサイクルのすべてがエコだとは言えません。環境破壊に繋がるリサイクルも中にはあるのです。また、すべてのリサイクルが順調に進んでいるわけでも無く、社会的に認識されているほど進んでいないことも大きな問題と成っています。また、リサイクルにおいて、不純物が含まれると、非常に効率が落ちてしまいます。

例えば、食品トレーがきれいに洗われていなかったり、アルミ缶の中に吸い殻が入れられたりと、マナーだけでなく環境にもこれらのことは影響を与えるのです。ペットボットや鉄アルミや食用油、紙製品、ガラスビンや電池など数多くのモノがリサイクルされています。これらは再利用されることで資源となり、再び新しい製品として生まれ変わるのです。これらの行いはすべて地球環境を守るためだと言えるのです。地球の負荷を少しでも減らし、より長く地球に人類が住めるように、少しでも多くのモノをリサイクルする必要があると言えます。リサイクルする手間には、多くのエネルギーが必要な場合も有りますが、そのエネルギーを使っても、リサイクルに努めることは我々人類にとって非常に大切な事だと言えます。