Google


エコと言えばリサイクルです。

あらゆる場面で定着し始めたエコ活動
現在ではエコと言う言葉やリサイクルと言う言葉を良く聞くようになりました。昔はほとんど燃やしたりしていてました。現在は、燃える物は焼却されますが、プラスチックとか燃やしてはいけない物は、細かく粉砕してあらゆる物に混ぜられまた違う物になってきます。こう言う燃やしてはいけない物は、燃やすのではなく溶かして違う形としてまたどこかのお店の一部となり戻ってきます。例えば、Tシャツや靴とかにもプラスチックの細かいのが入ってます。それに、テレビやラジカや冷蔵庫みたいな電化製品もリサイクルもされてます。ただ修理して綺麗にしてまた販売ではなく、アルミを溶かしたり使える部品を使ったりしてまた新たな電化製品ができます。そして、プラスチックとかはあらゆる物に混ぜられて洋服や靴や本や雑誌などに使われてます。

エコとは、環境にいいようにリサイクルをしようと言う事です。リサイクルで出たゴミはどんな物にも混ざってるのですが、あまり何に使われてるか知られてない人が多いです。もちろん服でも新しいですが、その中にはリサイクルで出したペットボトルとか混ざってます。だからと言って汚れてると思われてますが、ペットボトルを出す前に一度洗ってから出しますが、また収集所に持って行かれそこでまた機械で洗浄してからプラスチックを溶かしたり細かく粉砕したりします。そして色々な物に混ぜられまた新しい商品になります。

リサイクルは悪い事ではなく良い事をしてるので、全国の人が取り組めば温暖化が防げます。